新じゃがは味が薄まる

毎年のことですが、新じゃがの季節になると我が家ではカレーライスの味が激落ちします。

どういうことかというと、カレーライスを作ってくれるのは私の母。
カレーライスは王道の人参、玉ねぎ、じゃがいもと豚肉や鶏肉が入ったタイプです。
で、何が問題かというと、じゃがいもなのです。

新じゃがは何とも言えず独特のフレッシュな美味しさが特長ですが、これを使ってカレーを作ると、ちょっと煮込み過ぎて荷崩れしてしまいます。

わかっているけれど、なんとなく人参なんかと一緒に煮ているとやり過ぎてしまう様子。
そして荷崩れしたじゃがいもが入っているとルーを入れる前から汁がトロリとしてくるので、ルーの投入量を見誤ってしまうんですね。

つまり、いつもと同じくらいにはとろみがあるのですが、色は何となく薄く、そして当然のように味が足りない状態に仕上がります。
カレーって作っている間の香りが何とも言えず期待感を煽るのですが、このルー不足のカレーを口にした時の初多くの大きさったらありません。

また、作った手前なのか、母は味の薄さを断固拒否するわけです。「いつもと変わらないと思うけど?」いやいや、明らかに薄いから。「ちょっと薄味に仕上がっているから、食べ易くていいんじゃない?」いやいや、カレーの薄味って嫌なんだけど?

もう、絶対に非を認めないままの母。
いいです、いい年して母親にカレーライスを作ってもらう私が間違っているんでしょうから。
こうして1年が過ぎ、また繰り返すのよね。
予知能力か?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です